• ホーム
  • コンプライアンスコミュニケーションズ
  • コンプライアンス教育
  • コンサルティング
  • 書籍・教材紹介

季刊誌「コーポレートコンプライアンス」

− 季刊誌「コーポレートコンプライアンス」 −

季刊 コーポレートコンプライアンス 第13号 【2008年1月】

CC13
CONTENTS 〜内容紹介〜
●巻頭言 巻頭言 鵜川前学長を悼む
 郷原信郎(コンプライアンス研究センター長)
【特集】 非正規雇用と派遣労働問題を考える
【鼎談】派遣労働等の非正規雇用の問題
伊藤 実(独立行政法人労働政策研究・研修機構統括研究員)
清水直子(フリーター全般労働組合執行委員・フリーライター)
郷原信郎(桐蔭横浜大学法科大学院教授・コンプライアンス研究センター長)
【論稿】 ・労働市場の流動化とコンプライアンス 派遣労働の規制と法令違反
 花見 忠(上智大学名誉教授・弁護士)

・人材派遣業界の現状と社会的役割
 松田雄一(社団法人日本人材派遣協会専務理事)
 加藤高敏(社団法人日本人材派遣協会総務課長)

・非正規雇用の拡大と労働組合の課題
 龍井葉二(連合・非正規労働センター 総合局長)

・行政から見た労働者派遣制度に関する検討課題など
 田中佐智子(厚生労働省職業安定局需給調整事業課 派遣・請負労働企画官)

・労働者派遣におけるコンプライアンス/郷原信郎

・クリス・スミス教授に聞く
 現代日本における非正規雇用と派遣労働について〜英国からの視点〜
 クリス・スミス(ロンドン大学ロイヤルホロウェイ経営大学院教授)
 郷原信郎
 楠元みのり(ロンドン大学ロイヤルホロウェイ経営大学院専任講師)

・働き方の多様化に伴う諸問題の「CSR・コンプライアンス」の視点からの考察 〜CSR研究会労働問題セッションの議論状況を踏まえて
 楠 茂樹(上智大学准教授)

・格差社会における派遣労働 〜ドイツの派遣労働の実態と法制度の経験から〜
 川田知子(亜細亜大学法学部准教授)

【その他の論稿】
・英国における公共事業改革の成功と苦悩〜民営化をめぐる議論と事例〜
 楠元みのり、ユアン・ファーリー、ブレンダン・マクスウィーニー
 クリス・スミス(ロンドン大学ロイヤルホロウェイ校、マネジメントスクール)

・メディアの自浄作用について/楠茂樹

・新潟県中越沖地震による東京電力柏崎刈羽原子力発電所の被害について/桐蔭横浜大学コンプライアンス研究センター事故調査チーム

<< 前のページ CC 13号  次のページ >>  ページのトップへ戻る