• ホーム
  • コンプライアンスコミュニケーションズ
  • コンプライアンス教育
  • コンサルティング
  • 書籍・教材紹介
メディアの倫理を問う
「メディアの倫理を問う」
¥2310円(税込)
お求めの際は各書店、
またはオンラインショッピング
アマゾン
等でお買い求め下さい

季刊誌「コーポレートコンプライアンス」

− 季刊誌「コーポレートコンプライアンス」 −

季刊 コーポレートコンプライアンス 第8号 【2006年9月】

CC8
CONTENTS 〜内容紹介〜
●巻頭言 コンプラ四方山
 奥野善彦(株式会社整理回収機構 代表取締役社長)
●レポート 企業法コンプライアンス・スクール全講義修了
【特集1】 「証券取引法」から「金融商品取引法」へ
・歪められた構図―村上ファンド事件の真相
 大鹿靖明(朝日新聞アエラ編集部)

・村上ファンド事件を通して考える金融商品取引法(証券取引法)
 郷原信郎
・【講義サマリー】 金融商品取引法がめざすもの
 上村達男(早稲田大学法学部・大学院法務研究科教授)

・金融商品取引法と内部統制―日本版企業改革法[J-SOX]について
 橋上徹(新日本監査法人金融部社員・公認会計士)

・【匿名座談会】 証券市場とコンプライアンス
●鉄道事故における事故原因の解明と刑事責任追及のあり方について
  ―東武伊勢崎線竹ノ塚踏切事故を巡って / 米倉勉(弁護士)

●粉飾決算を見分ける財務分析について
  ―粉飾額を把握するための財務分析手法の提案
  末松義章(千葉商科大学大学院客員教授)

●エレベーター事故の問題を通して考える独占禁止法 / 郷原信郎

●中国における不正競争民事紛争審理に適用する法律に関する若干問題の解釈について
  姜女冊(中国弁護士・未名法律事務所所属)
【シリーズ】 コンプライアンス企業訪問
・日本アイ・ビー・エム 名取勝也・取締役弁護士に聞く
【最近の企業不祥事】
・不正免除事件から納付率偽装問題へ
 ―コンプライアンスの視点からみる国民年金保険料「不正免除事件」
 「パロマ給湯器事故」問題

<< 前のページ CC 8号  次のページ >>  ページのトップへ戻る